• HOME|トップページキャンペーン情報|お得な情報満載!安心ECO点検|愛車の点検してますか?安心ECO点検|安心ECO点検のご案内グリーンアップルポイント|ポイント制の紹介店舗紹介|お近くのSS探してね
安心ECO点検

CheckPoint2 エンジンルームをのぞいて

①ブレーキ液の量
リザーブタンクの液量が上限(MAX)と下限(MIN)の間にあるかを点検しましょう。

液面が下限より下がっていたら、ただちに専門家へ相談しましょう。
知識
ブレーキパッドやライニングの摩耗、配管などからの液もれで、ブレーキ液は減っていきます。
そのまま使用すると、ブレーキ部品内に空気が入ってブレーキの効きが悪くなり、たいへん危険です。
②バッテリー液の量
バッテリの液量が上限と下限の間にあるかを車を揺らすなどして点検しましょう

メンテナンスフリーバッテリはインジケーターで点検できます。

補給のしかた
バッテリー液が不足している時は、キャップを開けて補充液または蒸留水を補給します。補給後はキャップを確実に閉めましょう。
知識
下限を超えてばらついていれば、バッテリの寿命が近づいているサインです。

注意
●バッテリ液が不足している状態で使用または充電すると破裂の原因となる恐れがあります。
●バッテリ液は希硫酸です。目や皮ふにつくとその部分が侵されますので十分注意してください。
③エンジン・オイルの量
エンジン始動前か、エンジン停止後しばらくたってから、オイルの量がレベルゲージの上限(F)と下限(L)の間にあるかを点検しましょう。
①レベルゲージを拭き取り、付着しているオイルを拭いて、再び一杯に差し込みます。
②もう一度抜いてオイルの量をみます。


補給のしかた
不足している場合は、レベルゲージで確かめながら注入口からオイルを上限まで補給します。補給後はキャップを確実に閉めましょう。

知識
エンジンオイルの量をチェックする時には色のチェックも忘れずに行いましょう。エンジンオイルが劣化すると、燃費が悪くなったりパワーダウンなどの影響があります。
④ウインド・ウォッシャー液の量
ウォッシャータンク内の液の量が適当か点検しましょう。

レベルゲージがついていれば、上限と下限の間にあるか確認しましょう。

補給のしかた
ウォッシャータンクにウォッシャー液を入れて水でうすめてください。
知識
ウォッシャー液がからの状態でスイッチを入れると、モーターが破損することがあります。
⑤冷却水の量
ラジエターリザーバタンク内の冷却水の量が上限(MAX)と下限(MIN)の間にあるか点検しましょう。


補給のしかた
量が不足している時は、リザーバタンクのキャップをはずし、冷却水をタンクの上限まで補給してください。
知識
冷却水を補給しても少なくなるときは、水漏れが考えられます。

注意
リザーバタンクやラジエターのキャップはエンジンが十分に冷えるまでは開けないでください。エンジンが熱いうちにキャップを外すと、蒸気や熱湯がふき出すことがあり大変危険です。

2019年07月18日現在の
びわこECOポイント合計

会員様のご協力でたまったびわこECOポイントを表示しています。
びわこECOポイントの詳しい情報
2012年9月末までに積み立てたびわ湖ECOポイントの累計相当額(343,796円)をマザーレイク滋賀応援寄附に寄贈いたしました。
詳しくはこちら
2011年9月末までに積み立てたびわ湖ECOポイントの累計相当額(430,995円)をマザーレイク滋賀応援寄附に寄贈いたしました。
詳しくはこちら

藤野商事株式会社

住所
〒529-1493
滋賀県東近江市五個荘簗瀬町11-3

TEL (本社総務部)
0748-48-2055(代表)
藤野商事株式会社は エコアクション21の認証を取得しました
認証・登録番号
0003052
特許登録
グリーンアップルSSの点検整備管理及び各種会員様へのサービス
特許登録番号 4637208